ワークショップは無事終了しました。講演者の皆様、議論に参加いただいた皆様に感謝いたします!

DRF技術ワークショップ(技術と研究が出会うところは)

DRFtech-Kyotoワークショップ広報ポスター

「Workshop of Application of Repository Infrastructure for eScience and eResearch ----研究成果やデータを永久保存していく活動へ向けて」

  • 日程:2009年9月7日(月)13:00~17:30
  • 主催:Digital Repository Federation (DRF)、独立行政法人物質・材料研究機構
  • 共催:京都大学図書館機構
  • 場所:京都大学附属図書館ライブラリーホール (案内地図交通案内
  • 対象:IR技術者(思想設計・システム開発にかかわってきた人)
           IR利用者(研究者・研究分野を超えて主役として成果の保存と発信に関心のある人)
           その他、一般の方の参加も歓迎します

お申し込み不要、参加自由です。附属図書館入口カウンターに申し出て入館してください。

fileDRFtech-Kyotoワークショップ広報ポスター

プログラム

【はじめに/Opening remarks 谷藤幹子(物質・材料研究機構)】

【テーマ1 研究環境を理解する】 13:00-14:30

研究者が日常的に使う情報環境と望むこと(資源、データ形式、取り出し、自前DBとの同期など).研究分野を越えたメタデータ/コンテンツ共有の必要性・可能性・問題点

【テーマ2 情報環境を共有する】 14:30-15:50

世界で進むデータアーカイブの動き、日本のIRアプリケーション(今やっていること、考えていること)、そのためのリポジトリアプリケーションの可能性・実効性

―――― 休憩:15分間 ――――

【テーマ3 横断的にディスカッション】 15:50-17:30

将来の科学情報資源をざっくばらんに、YouTubeなどの画像、FaceBookなどのSNS、蓄積した情報資源の活用技術(辞書化、意味検索、分類、編集からパーソナライズまで)

  • (総合討論)

【おわりに/Closing remarks】


企画趣旨

研究成果やデータを永久保存していく活動は、研究組織の維持や発展のために必要なシステムであると同時に、研究者のセルフアーカイブすなわちprivate libraryとして日常的に利用でき、かつ発信力をもって流通することが可能な仕組みに研究者も関心を持つようになりました。

例えば研究室内の研究成果や実験データなどを研究室サーバーに集積して、研究室内で共同利用したり、個人でデータベースを構築してホームページから公開することも普通に行われるようになりました。そのような日常において、安定し、永続的に継承できる知識アーカイブとしての仕組み(インフラストラクチャ)が、昨今の様々なウェブ技術や無料サービス、あるいはオープンソースのソフトウエアで実現できるようになり、それらをデジタルアーカイブ(リポジトリ、データベース)あるいはeScience,eResearchと称して研究環境全体を包括して捉えられる時代にまで進んできました。

そのような中で、技術志向に陥ることなく、しかし研究者の体温にあったアーカイブ環境はいかなるもので、それに応える技術やウェブ社会の方向性、といったところをざっくばらんに話す座談の場として本ワークショップを企画しました。研究分野や年代による違い、あるいは組織や国を超えて、科学研究の永続的な保存と発信に向かって、認識を共にする方々の参加をお待ちしています。また飛び入りプレゼンも歓迎します。

物質・材料研究機構 谷藤幹子・高久雅生
2009年8月1日

参考:(上記ワークショップと連日開催)

RIMS研究集会/国立情報学研究所SPARC Japanセミナー
「数学におけるデジタルライブラリー構築へ向けて  --研究分野間の協調のもとに」
  • 主催: 京都大学数理解析研究所
  • 共催: 京都大学図書館機構, 国立情報学研究所 国際学術情報流通基盤整備事業(SPARC Japan)
  • 場所:京都大学附属図書館ライブラリーホール
  • 日程:9月8日(火)9日(水)
  • 詳細:http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2009/20090908.html

Attach file: fileDRFtech-Kyoto-flyer.pdf 1151 download [Information] fileDRFtech-Kyoto-flyer_s.png 660 download [Information]

Last-modified: 2013-01-14 (Mon) 11:55:24 (655d)