Digital Repository Federation

平成28年度DRFオンラインワークショップ「第2回 研究データから研究プロセスを知る」

  • 本ワークショップは終了しました。

成果物

  • 参加者それぞれによる研究者インタビューを実施し、その結果を分野ごとにまとめた事例集を作成しました。
    インタビューの事例としてはもちろんのこと、研究者の方々が実際に扱う「研究データ」とは何なのか、そこから見えてくる実際の研究のプロセスとはどのようなものか、研究者自身はオープンサイエンスをどう捉えているかなど、今後の学術情報流通を検討する様々な観点が内包されております。
    昨年度オンラインワークショップの成果物と併せて、ぜひご覧ください。

目的

  • 研究者の扱う研究データおよびその生成に係る研究プロセスについてのヒアリング調査を行うことで、機関リポジトリにおけるデータの取り扱い、および研究プロセスに即したサービス提供の一助とする
  • 上記調査において得られた事例の蓄積・共有によって、機関リポジトリ担当者全体の研究者・研究データに関する知識向上に資する。

受講対象者

  • 所属機関で機関リポジトリに係る実務を担当している方
  • 研究データの管理・オープン化に興味のある大学・研究機関等の職員

主催

  • デジタルリポジトリ連合

日程・人数(実績)

日時
平成28年10月3日(月)~平成29年1月27日(金)
人数
13名
  • 勉強会専用メーリングリスト、グループウェア等を利用したオンライン勉強会です。
    期間中はメール等でやりとりをしますが、集合した研修はありません。

プログラム

10月3日(月)~10月17日(月)
インタビュー項目作成、インタビュー候補者の調整
10月17日(月)~12月2日(金)
各機関でインタビュー
12月2日(金)~1月27日(金)
分野ごとにインタビューの結果をまとめる
  • 講義形式の研修ではなく、参加者相互の情報共有を目指したワークショップです。
    成果物はページ上部にて公開しています。

事前課題

その他

お問い合わせ

デジタルリポジトリ連合事務局

住所
〒060-0808
札幌市北区北8条西5丁目
北海道大学附属図書館学術システム課内
電話番号
011-706-2524
電子メールアドレス
jsa [ a t ] lib.hokudai.ac.jp

Attach file: file2016DRFws_4-Science&Informatics.pdf 114 download [Information] file2016DRFws_3-LifeScience.pdf 107 download [Information] file2016DRFws_2-Humanities.pdf 178 download [Information] file2016DRFws_1-NaturalScience.pdf 202 download [Information]

Last-modified: 2017-02-01 (Wed) 18:47:56 (21d)