DRFメーリングリストアーカイブ  (2007-7-18 10:00以前はこちら)
Loading

[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[drf:1978] 20101006 電子学術書利用実験の提案 のお知らせ



入江です
みなさま

DAFとは、直接関係ないと思いますが、お知らせということで
送らせていただきます。

2008年3月に大学出版会と大学図書館の連携というシンポジウム
を開催しました。東大、早稲田、慶應の図書館、出版会の方々を
中心として、可能性を語りました。

それ以降、出版社の方々といろいろな議論を進めてきました。
その結果、以下のような実験を行うことになり、その報告を兼ねて
シンポジウムを開催することになりました。

詳細は添付資料をご覧ください。

--------------------------------------------

シンポジウム
「大学図書館と学術出版社の連携:電子学術書利用実験の提案」

日時 2010 年10 月6 日(水)
場所 慶應義塾大学三田キャンパス東館6階G-SEC Lab (http://www.keio.ac.jp/access/mita.html)

スケジュール

13:30- 受付開始
14:00-14:05 主催者挨拶 慶應義塾大学メディアセンター本部事務長 平尾 行蔵
14:05-14:35 「E-Books and E-Journals in US University Libraries
−Current status and future prospects」
OCLC Research / RLG Partnership James Michalko
14:35-15:10 「電子学術書利用実験の概要」 慶應義塾大学メディアセンター所長 田村 俊作
                 休憩
15:20-16:00 「電子化と実験システムについて」 DNP 大日本印刷㈱ 京セラコミュニケーションシステム㈱
16:00-17:00 「実験への期待」 出版社と実験参加者(予定)から
17:00-17:30 質疑応答
18:00- 懇親会

◇ 会場において13:00 から13:50 まで実験システム展示と説明を行いますので、ご参加ください。
    主催 慶應義塾大学メディアセンター 共催 東京大学出版会 慶應義塾大学出版会

〇参加申込み方法: 参加費無料 どなたでも参加できます。
    件名に「20101006 シンポジウム参加申込み」と記載し、所属、氏名、懇親会参加有無を記入の上、下
    記メールアドレスへ申込みください。 20101006.symp.keio @ xxxxxxxxx
〇定員:100 名(先着順) 申込みが多数で参加いただけない場合のみご連絡いたします。
            実験システム展示は申し込み不要。どなたでもご覧いただけます。

-- 
2-15-45 Mita,Minato-ku Tokyo
Keio University Media Center
Shin IRIE / 入江 伸
03(5427)1648

Attachment: 20101006_シンポジウム.pdf
Description: Adobe PDF document

--
DRF mailing list
DRF @ xxxxxxxxxxxxxxxx
https://ml.hines.hokudai.ac.jp/mailman/listinfo/drf